いざという時のために常備しておきたい非常食!知っておくべき知識をわかりやすく解説

保管しておきたい非常食は、手を入れればすぐに食べられる保存食が最適です。
たとえばお餅は常温で保管が可能で、温めればすぐに食べることが出来ます。
アルファ米と言うお米ならば、お湯を注いで待つだけで炊き立てのお米のようになるのです。
お湯がない時は水でも構いません。
他にも缶詰は定番であり、サバやイワシやサンマなど安くて美味しい缶詰は保存しておいたり、夕食に一品加えてみたり晩酌のお供としても最適な味わいになっております。

いざという時のために常備しておきたい非常食!知っておくべき知識をわかりやすく解説

保存性の高い食品をいつでも意識して保管しておき、保管した食材は定期的に消費して買い足せば、いつでも災害対策に有効になります。
こうした取り組みをローリングストックと呼び、災害の多い日本では推奨されているのです。
非常食は自分の好みに応じてストックしておきます。
レトルトカレーやカップ麺、缶詰やフリーズドライ食品は定番です。
その他にも栄養食品や非常食用のサバイバル缶詰などもあり、常備しておけばライフラインが断たれた時にも頼りになります。

非常食として使えるために必要な保存期間とは?

非常食として使えるために必要な保存期間ですが、これは人によっても考え方に差異が生じるところです。
頻繁なチェックとか買い替えを厭わない人であれば、別に短くても問題はないというか、それを優先して非常の場合であってもできるだけ新鮮なものを食べたいと思うかもしれません。
しかし一般的な感覚で言えば、非常食は最低でも1年の賞味期限は欲しいところです。
災害などはいつ起こるか分からず、忙しい現代人にとってそれを日常的に意識して過ごせというほうが無理があります。
数か月程度とかそれ以下の期限では、期限切れのチェックとか買い替えを忘れてしまっていざという時に使えない事態に陥ることも十分に考えられます。
幸い、いわゆる非常食で販売されている製品は、もっと保存期間の長いものが数多くあって、選択肢に困るようなことはあまりありません。
その上で、年に1回程度は定期的にチェックするようにしておけば問題となることも少ないでしょう。

非常食はひとりで何日分の備蓄が必要か?

非常食を準備するにあたって、何日分の備蓄が必要なのか迷っているという方は少なくないでしょう。
非常食はあればあるだけ安心ですが、大量の備蓄は保存場所をとりますし、賞味期限が切れたら買い替える手間もかかります。
ではどの程度の保存食を準備すべきかですが、大災害が発生した際に電気・ガス・水道などのライフラインが復旧するまでに3日程度かかるとされています。
そのため、非常食は最低でも3日分、可能であれば1~2週間ほど過ごせるだけの量を用意しておくのがおすすめです。
大人1人が3日過ごすための非常食は、飲料水9L・ご飯(アルファ米)4~5食分・レトルト食品6~8食分・缶詰2~3缶ほどが目安となります。
1週間ほど準備する場合は、これの約倍程度が目安です。
また、子どもについては大人の1/2~1/3ほどの量が目安となります。
なお、非常時は普段とは異なるストレスを感じることになるので、余裕があれば食べなれたお菓子を用意しておくことをおすすめします。
チョコレートなどのお菓子はストレスを和らげて安心感を与えてくれるので、食事とは別に準備しておくと良いでしょう。

非常食だからこそ栄養バランスに優れているものが必要

非常食はとにかくお腹を満たせればそれで良いという考えもあるかもしれませんが、最近の食品保存技術などを踏まえると、それはいささか古い意見と言って良さそうです。
非常食が必要とされる事態は、どう考えても心身ともに大きなストレスや負荷がかかることは間違いなく、この意味でも、可能であれば栄養バランスについてもしっかり考えたほうが適切なことは言うまでもありません。
幸いなことに、先にも書いたように昨今では食品の保存技術も発展しており、単にお腹を満たすだけではない長期保存可能な食品類が数多く発売されています。
缶詰などは昔からある優秀な非常食ですが、それ以外にもレトルト食品のラインナップを見てみるのも良いでしょう。
一般的に、炭水化物やパックご飯とか乾パン・クラッカーのように簡単に準備できるものが多いですが、タンパク質とかビタミン・ミネラル類がちょっと気になるところですから、これらが多く含まれているものを選択するのが良いです。

非常食はできるだけ調理のいらないものを選ぶ

地震などの自然災害が起こった場合、電気や水道、ガスといったライフラインが全て止まってしまう事もあります。
最悪の状況を考えて、非常食を購入する時は最小限の労力で食べる事が出来る物を多く選んでおくと良いでしょう。
非常食はできるだけ調理のいらないものを選ぶのがお勧めです。
大量の水を使ったり、温めないと食べられない物だと準備するのも大変です。
非常食にと人気のカレーのレトルトも、商品によっては加熱しないと食べられない物があります。
カレーレトルトの中には開封して、冷たいままごはんにかけても美味しいよう作られている物もあるので、このような加熱調理を必要としない商品は購入しておくと、いざという時に安心です。
この他に少量の水をいれて白米や炊き込みご飯など主食が完成する物や、開封してそのまま食べられるパンがあると便利です。
缶詰も温めなくても美味しく食べられるので準備しておく事をお勧めします。
準備がさほど必要ない非常食であれば、高齢者やお子さんでも簡単に食べる事が出来るというメリットもあります。

非常食に関する情報サイト
非常食で知っておきたいこと

保管しておきたい非常食は、手を入れればすぐに食べられる保存食が最適です。たとえばお餅は常温で保管が可能で、温めればすぐに食べることが出来ます。 アルファ米と言うお米ならば、お湯を注いで待つだけで炊き立てのお米のようになるのです。お湯がない時は水でも構いません。他にも缶詰は定番であり、サバやイワシやサンマなど安くて美味しい缶詰は保存しておいたり、夕食に一品加えてみたり晩酌のお供としても最適な味わいになっております。

Search